私の症状と、試した効果・結果

静命漢方堂

父親が耳鳴りに困り、漢方薬を勧めて効果のあった女性

耳鳴りに効果のある漢方薬の、静命漢方堂の
「耳鳴り・めまいに効く漢方薬」
をご紹介します。

耳なりに効く漢方薬「静命漢方」

耳鳴りの辛さは経験者しか分からないですよね。
私はここ数年にわたって、耳鳴りがする機会が増えていました。

私の具体的な症状

私は、夜はぐっすり眠れないのが悩みでした

私の場合、耳鳴りがすると、こんな感じになっていました。

とにかく会話が難しい
夜がぐっすり眠れない
めまいがするので不安
倒れたりしないかと、外出がおっくうに

貴方はどんな悩みがありますか?

耳鳴りで、こんな悩みありませんか?

聞こえづらい
病院で医師に「慣れるしかない」と言われた
家族や孫との会話が減った
その症状を家族にすら理解してもらえない
毎朝起きるたびに、耳鳴りので程度に落ち込む
めまいがする
横にならないといけないほど、だるさが続く
テレビの音量を上げるので、家族に迷惑がられる

私は血糖値も高く、そのことが関係しているのかも、
と病院の先生には言われました。

原因はこんなことだそうです。

耳周辺の小さな血管が動脈硬化を起こす
血管が炎症を起こす
血栓ができる

耳鳴りがする

また食生活の乱れで、栄養が耳の器官に
運ばれずに、耳鳴りが起きることもあるそうです。

ここ最近は収まりつつありますが、2度と味わいたくない煩わしさです。

必要な治療は

医師の指示で、運動療法や薬物療法を進める。
整体、ツボ、鍼治療、食事療法など。

食事療法も運動も、もちろんやりました。
ですが、正直あまり効果は感じませんでした
「私の症状と、試した効果・結果」の続きを読む…

耳鳴りの治し方と食事

耳鳴りの改善に食事療法を勧める女性

耳鳴りに効果のある食品があります。
食べることで症状を改善して、治すことが期待できますので、
これをご紹介します。

残念ながら、耳鳴りは様々な原因が絡み合い、治すことは
現代医学では難しいといわれます。

ですが、効果のあるとされる食品が幾つかありますので、
ご紹介します。

種類と原因、それに効く食品を知る

耳鳴りには主に、ジーというセミの鳴き声のようなもの、
キーンという金属音に近い音、そして低温の耳鳴りがありますが、
それぞれの原因は、このようなものが考えられます

低温の耳鳴りについては、中耳炎やエレベーターで
高く昇った時などに起こるもので、これは比較的
治しやすいと言われますが、問題なのは下記の2つ。

肝機能の衰えや聴神経の障害を改善しましょう。

①肝機能の衰え
②聴神経の障害

血行を良くして老化を防ぐことが、耳鳴りに効果を期待できると
ご存知でしたか?

これらの耳鳴りを治すためには、大きく分けると
下記を改善する必要があります。

①血行を良くする
②老化を防ぐ

血行の改善に働く、成分と食品

大まかに分けましたが、下記のこれらの成分で
血行を改善して、耳の器官へ十分な酸素や
栄養素を送って、症状の改善が望めます。

リノール酸
(血管を広げる効果が有ります。鶏肉、ごま、サラダドレッシング、
ポテトチップス 、ナッツ、胡桃(クルミ)や黒豆に含まれます)

ミネラル類
(血行を良くする効果があります。
野菜・海草、水、塩などの普段の食事から摂取できるものです。)

シアニジン
(抗酸化作用で老化を防止、血液中の脂肪を溶かして、
サラサラの血液に変える効果。黒豆、ナス、ブドウ、プルーン、
ブルーベリー、ブラックベリーなどに含まれます。)

亜鉛 
(牡蠣、豚肉、卵黄等に豊富に含まれる成分で
血行をよくして、リンパの流れも改善)
「耳鳴りの治し方と食事」の続きを読む…

耳鳴りの治し方 水分摂取で症状が改善する?

耳鳴りになった時、水分を摂取すれば治ると言われていますが、
本当でしょうか。

夏の暑い日に耳鳴りになり、キーン、ボー、ボコボコ、ジー、
と言った感じで音がなったことは有りますか?

原因が熱中症か不明の場合

耳鳴りを発症するのには色々な原因が考えれますが、
もしかしたら熱中症が原因で、ということも有ります。

熱中症になってしまうと体内のバランスが保てず、それが原因で
耳鳴りが起こり、同時に頭痛やめまいを引き起こすことも。

熱中症の場合

そういった時には水分の摂取が必要になります。

そういった症状が水分の補給で治れば、それ程心配もいりませんが、
もしそれが続くようなら、耳鼻科へ行く必要があるかもしれません。

考えられる病としては、下記が有ります。

メニエール症候群

(めまいや吐き気とともに難聴や耳鳴り、視力低下などの症状が起こり、
原因の分からない症状。水分を取りすぎると、メニエール症候群に
かかると言われていました。
「耳鳴りの治し方 水分摂取で症状が改善する?」の続きを読む…